寒肥にローズ スクリュー購入しました

その手があったか!!!


クラピアも被覆してせっかくグリーンカバーが良い感じになってきたのに、バラの寒肥の為に堀穴だらけにしてしまうのが忍びないなぁと思っていて。
【初夏の庭】
200618-8.jpg200724-2.jpg


そんな時に“バラの家“さんで、偶然発見したのです。
これ!




なるほどスクリューで直径の小さな穴を開けてそこに寒肥を入れて行けばいいんですね。それならスコップで穴を掘るより堀跡が目立たない!
さすがバラの家さん、痒いところに手が届く。

今現在はつるバラの剪定と誘引を進めていて、6株終えたところです。つるバラ残り3株と木立性のバラはまだ葉が多いのでもう少し光合成させてから剪定します。



今年も馬糞堆肥を使います。昨年とは違うメーカーさんの馬糞堆肥。
何が良いのかとかまだよくわかってないです。色々試してる途中です。牛糞でも馬糞でも腐葉土でも、何もしないよりはずっと良いってことくらいしか実感していません。



肥料は昨年買いすぎた有機肥料が大量に余ってるのでそっちを消費しますが、バイオゴールドも試してみたい…!すごく評判が良いのですね。




今年は6月と8月に雨が降りすぎたのと、カミキリムシ(テッポウムシ)の大発生で薔薇が大ダメージ喰らいまして。もう諦めた方が良いかもっていうくらい弱っている株もあります。
水はけの良い土に入れ替えるとか、株元の雑草を抜いて常に風通しを良くするとかの対策も必要ですね。



ところで今すっごくお迎えしたい薔薇ちゃんがいます。プラムパーフェクト(コルデス)と令の風(京成バラ)です!
どっちも捨てがたい。でも色の系統が同じなんだよねぇ。いやそもそも、もう増やさないと決めたじゃないか……。でもでも、ほしい~~~。
悩んでいる間に売り切れちゃったらどうしよう。いづれそのうち買うなら今買っても同じじゃな~い???
………様々な葛藤に悶えてる最中です。







薔薇を育て始めたころは見た目の好みだけで手を出していたんですが、数年経ってみて見た目以上に大事な要素がいくつもあるんだという事を知りました。

・病気に対して強いかどうか
・花持ちは長いか
・香りはあるか
・つるバラかシュラブか木立性か
・直立性か横張性か
・一季咲きか四季咲きか
・トゲは多いか少ないか
・半日陰でも咲かせるか

この辺はチェックしたい所です。だから似たような見た目のバラなら近年作出された方を選びます。花持ちや耐病性が改善されていることが多いからですね。



にほんブログ村 花・園芸ブログへ 
いつも応援ポチありがとうございます 。




この記事へのコメント